FANDOM


概要
KHのソラ
COMのソラ
KHIIのソラ
Daysのソラ
BbSのソラ
codedのソラ
3Dのソラ
KH0.2のソラ
KHIIIのソラ

ソラキングダム ハーツ 0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-](KH0.2)に登場するキーブレードを操る少年。

※このページではキングダム ハーツ 0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-に登場するソラに関する情報をまとめています。他の作品に登場するソラに関しては該当のページをご覧ください。

※誰でも編集することが可能なので、是非とも加筆や編集にご参加ください。

概要編集

KHIIIに繋がるエンディングにて登場する。KH0.2のエンディングはKHIIIのプロローグのようなものであり、ソラが夢の世界から帰還した後の物語が語られる。

イェン・シッドから夢の世界での冒険は「悲しみの中で眠る者」を目覚めさせる力を習得するためのもの、そしてゼアノートの妨害にあったソラは「目覚めさせる力」を完全に習得出来なかっただけでなく、ゼアノートの器にされかけたことで今までの冒険で習得した能力を失ってしまっている事が明かされる。

ソラは目覚めの力と失った力を取り戻すため、イェンシッドの提案により「ヘラクレス」を尋ねるためにオリンポスコロシアムへと旅立つ。

人物編集

  • キングダムハーツシリーズの主な主人公で、キーブレードを操る少年。基本的に明るく能天気で正義感が強い、ヒーロータイプの性格をしている。今までの冒険で多くの世界とそこに住む住人を救ってきた。
  • 他のキーブレード使いとは違い正式にキーブレードを継承しているわけではなく、そのためにキーブレードを使いこなせているとは言えない。
  • 夢の世界にて我流のキーブレードの扱い方を正すべく修行を積むが、危うくゼアノートの器にされかけてしまう。
  • ゼアノートの器にされかけた為に、今までの冒険で培ってきた能力を全て失っている。これにはドライブや魔法といったアビリティも含まれる模様。
  • 能力を失った際はさすがに気落ちしていたが、「大丈夫、いつもの事だし!」で済ませる能天気ぶりはあいからわず。本人が大切にしている「繋がる心」は失っていないので、大した問題とは思っていないのかもしれない。

主な活躍編集

本作ではゲーム中に登場しないので、あまり活躍はしていない。

エンディングのグミシップでオリンポスに向かう際に「鍵が導く心のままに」によってゲートを開いたのが唯一の活躍かもしれない。

関連のあるキャラクター編集

ネタバレ編集

ネタバレを追記してください。