FANDOM


6e155e77c9ba15cfd618e9fa918ceee9.jpg

ハートレスHeartless)は、スクウェア・エニックスのコンピュータゲーム『キングダム ハーツ』シリーズに登場する架空の生物である。

概要 編集

シリーズを通して物語に最も多く登場する敵。人の心の闇が膨らみ続けて完全に闇に染まると、その心はハートレスという怪物と化す。そしてハートレスは人の心の闇に反応し、心を奪って次々と増殖してゆく。知性は乏しく、基本的には心を奪うという本能のみで行動する。別称「心なきもの」。『KH』のストーリー序盤でのレオン達の説明では「心を失った者達」とされていたが、正確に述べるならば「自らの心の闇に打ち敗れた心のみの存在」である。

遥か昔から数は少ないものの存在していたが、本編開始から10年ほど前に賢者アンセムが心の研究を始めたことにより爆発的に増加し、幾つもの世界を闇に飲み込んでいった。事態を憂慮したアンセムは実験を中止するが、闇に惹かれていた6人の弟子に無の世界へと追放され、以降も実験は継続された。この内、1番弟子であるゼアノートは師であるアンセムの名を自ら名乗るようになり、さらに自身がハートレスになれば本能のみで動くハートレスをも統率できると考え、肉体を捨ててハートレスとなっている。他の5人の弟子も同じようにハートレスとなっているが、人型を保ったままハートレスとなったのはゼアノートだけだった。

それぞれの世界には「鍵穴」があり、その奥にはその世界の心が存在している。より大きな心を求めるハートレスが目指すのは世界の心であり、心を奪われた時その世界は闇に飲まれて崩壊する。しかし伝説の武器である「キーブレード」で鍵穴を閉じられてしまえば二度とその世界の心には辿り着けなくなるため、ハートレスはキーブレードの所有者を狙い続ける習性を持つ。

賢者アンセムの仮説によると自らの意思でハートレス化した場合は、以前の記憶や姿や自我が残るらしい。例として、以前の記憶と姿を保ったままハートレスとなったゼアノート、姿はハートレスとなったもののかすかに自我を保っていたソラが確認されている。『KH2』では スカーが自らの意思でも無いにも関わらずハートレス化した際に姿を保っていたが、自我を保っているかは不明。

分類 編集

ハートレスの分類としては、ピュアブラッドエンブレムの2種類に分けられる。ピュアブラッドは人の心の闇から自然派生するもので、全身が黒に覆われているものが多い。光の世界だけでなく闇の世界でも出現し、闇の世界に生息するハートレスは全てピュアブラッドである。エンブレムはレイディアントガーデン(ホロウバスティオン)のアンセムの研究室にあるハートレス合成装置で作られた人工的なハートレスで、多くの種類が存在する。その名の通り、体表のどこかにマーク(茨が巻きついたハートを模していて、心が闇に飲まれたことを意味している)が記してある。エンブレムは闇の世界には存在せず、光の世界もしくは狭間の世界でのみ生息している。また、全体的な特徴として丸く黄色い瞳を持っている。

また、強い心を持った者がハートレスになった時、残された肉体と魂が意思を持って動き出すことがある。ノーバディを参照。

エンブレムのハートレスをキーブレードで倒すと心が放出される。本編上では触れられていないが、この心はハートレス化した際に消滅してしまった身体と共に元の心の持ち主に再生するという設定が存在する。

ゲーム中の登場 編集

キングダム ハーツ
闇の力を使える者にとってハートレスは容易く扱えるものであり、ディズニー・ヴィランズの手下として使役された。しかしその裏にはさらに“闇の探求者アンセム”と名乗ったゼアノートが暗躍しており、ヴィランズをうまく動かして世界の中心である闇の扉「キングダムハーツ」を手に入れようとしていた。しかしソラたちの活躍によってゼアノートは倒され、キングダムハーツを閉めることによってハートレスによって滅ぼされた世界は全て元に戻っていった。
キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ
記憶から作られたカードが幻を生み出す「忘却の城」が舞台のため、ソラ、リクの記憶から生まれたものが登場した。
キングダム ハーツII
ハートレスは元々は自然発生するもののため、キングダムハーツが閉められた後もまだ多くが残存し、引き続きピートなどのヴィランズに使われた。XIII機関の手によりキーブレードでハートレスを倒した時に放出される心が集められ、再びキングダムハーツが作られようとしていたが、XIII機関はキーブレードの使い手達に敗れその計画が完遂されることはなかった。
キングダム ハーツ 358/2 Days
XIII機関のロクサスが主人公であり、キーブレードを使うことができる彼にはハートレスを討伐してハートを回収する任務が多く与えられた。
キングダム ハーツ コーデッド
ジミニーメモに記録されたデータとして登場。ジミニーメモの中の世界で起こっていた異変の原因となっている。心はデータ化できないので倒されたハートレスが解放するのは心ではなく、ハートレスの闇の意思である。
キングダム ハーツ バース バイ スリープ
回想シーンにてマスター・ゼアノートがχブレードを作り出すためにヴェントゥスをネオシャドウと戦わせようとした他、闇の世界に堕ちたアクアがダークサイドの群れと遭遇するシーンにおいて登場。本作は概要にて解説した賢者アンセムの研究が行われる前に起こった出来事だが、その時から既にハートレスが存在していたのがわかる。

主な登場ハートレス 編集

ピュアブラッド 編集

シャドウ(Shadow)
虫を思わせるような触覚が頭部にある。
動きも緩慢で対した強さではないが、影状になって地面を移動している時、一切の攻撃を受け付けない。基本的に大群であらわれ、質より量で押し切るかのように襲い掛かってくる。
ネオシャドウ、ギガントシャドウ、メガシャドウ、ネクストシャドウなど、様々な派生種がいるハートレスでもある。
ダークサイド(Darkside)
巨大なボスハートレス。
『KH』では闇を象徴するかのようにソラの前に度々現れた。シャドウを召喚したり、胸のハート型の空洞から追尾エネルギー弾を発射してきたりして攻撃してくる。
ソラ・ハートレス
ジミニーメモに記録されていたソラのハートレス。データ世界に異変を引き起こしていた元凶。データ世界のハートレスを倒した際に放出される闇の意思を喰らって力を付け、データの外の世界に出ようとした。
ネオ・ダークサイド
体に文様が浮き出たダークサイド。炎や氷の力を帯びたパンチや、地面から飛び出る攻撃をする。

エンブレム 編集

ソルジャー(Soldier)
ほぼ全作に共通登場する種類。全身に鎧を装着しているような姿。シャドウよりは多少強いものの、攻撃が単調で読みやすく、所詮雑魚の領域を出るには至らない。集団で動くよりも単独行動を好む傾向にある性質が、それに拍車をかけていると言えるだろう。
ラージボディ(Large Body)
極端に太った丸い体形。正面から通常攻撃を放っても弾き返されてしまうため、背後・側面からの攻撃や、魔法攻撃が重要となってくる。攻撃モーションはどれも大振りだが、ガード不能の衝撃波などを用いてくるので、少々厄介な敵。
レッドノクターン(Red Nocturne)/ブルーラプソディ(Blue Rhapsody)/イエローオペラ(Yellow Opera)/グリーンレクイエム(Green Requiem)
魔法使い系。それぞれ「ファイア」「ブリザド」「サンダー」「ケアル」を唱え、使用する魔法と同じ属性攻撃を吸収してしまう(グリーンレクイエムは全属性吸収)。
続編においてはこれら魔法使い系のハートレスの派生種が多数登場し、最もバリエーションの多いハートレスとなっている。また名称には「色」+「音楽」という法則性がある。
ホワイトマッシュルーム(White Mushroom)
キノコ系。名前通り白いキノコのような外見をしている。
ハートレスとしては珍しく攻撃してこない。時折寒がっていたり、疲れきっているような仕草を見せる。彼らが取っている行動に合わせて、特定の魔法を使用すると喜び、3回喜ばせるとレアアイテム・大量の回復プライズを残して消える。このホワイトマッシュルームのように、キノコ型ハートレスはソラに危害を加えることはあまりなく、その特有の条件を満たすことで希少なアイテムなどをドロップする特殊な種類である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki