FANDOM


Sora KHII

ソラ (Sora) は、コンピュータゲームキングダム ハーツ シリーズ』に登場するキャラクター。声は入野自由(日本版)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(北米版)が務める。

登場作品 編集

設定 編集

デスティニーアイランドという小さな世界に住む少年。陽気で楽天的な性格だが、勘が鈍く世間知らずなところもある。しかし、どんなことにも動揺しない心と強い正義感を持つ。

  • 年齢 - 4歳(BbS) ⇒ 14歳(KH、COM)⇒ 15歳(KHII)
  • 武器 - キーブレード

各シリーズでの活躍編集

キングダム ハーツ 編集

デスティニーアイランドで外の世界にあこがれながら、友達のカイリリクと暮らしていたソラ。ある日、突然謎の黒い怪物に襲われる。突然現れてなぜか手にしたキーブレードで敵を倒すも気が付くと全く知らない街にいた。

たどり着いた謎の街の名は、トラヴァースタウン。ドナルドダックグーフィーと意気投合したソラは二人のグミシップ(船)にのりカイリとリクを探して異なる世界を旅することになる。

世界を周りながらキーブレードでカギを閉じていくソラ。途中モンストロやネバーランドでリクと何度か出会うが、彼とはわかりあうことができず去っていってしまう。

カイリを助けるためにホロウバスティオンで決戦へ向かうソラの前に、再びリクが現れる。リクはキーブレードの本当の勇者は自分だと言い、ソラはキーブレードを奪われてしまった上に、キーブレードの勇者に付いて行くようにと王様に言われていたドナルドとグーフィーまでも失い、打ちのめされてしまった。しかしリクの攻撃によって傷つきながらも、大切な人を助けようとする野獣 (美女と野獣)のビーストが持つ強い心に励まされ、彼と協力しながらカイリを助けるためにホロウバスティオンを進む。その中で再びリクと出会い、リクによって消されそうになるも、王様の命令よりソラとの友情を選んだドナルドとグーフィーがソラを守った。そしてソラが「つながる心が俺の力だ」と自分の本質に気がついたとき、キーブレードはソラを真の主として認め、ソラの手元に戻っていった。

マレフィセントを退け、アンセムドナルド、グーフィと共にさらわれたプリンセスたちを助け出すが、カイリの心はもどらない。リクの身体を乗っ取ったアンセムの言葉で、彼女の心はソラの中にいたことをソラはこの時はじめて知る。カイリの心を取り戻すために、闇のキーブレードで自分を刺したソラ。ソラはハートレスになってしまうが、薄れゆく意識の中でカイリに助けられて元の体に戻る。

カイリから再会を約束する「約束のお守り」を手渡され、彼女をトラヴァースタウンに残し、ソラはアンセムとの決戦へ向かう。ソラはアンセムに勝利するが、アンセムは最後の力で大いなる闇の扉「キングダムハーツ」を開こうとする。キングダムハーツに闇を求めたアンセムだったが、ソラが「キングダムハーツは闇じゃない、光だ!」と言った瞬間、開いた扉の中から光が差し、アンセムは消滅した。ソラたちは何とか扉を閉めようとするが、扉はあまりにも大きすぎて全く動かない。三人は諦めかけたが扉の内側からリクが現れ、扉は少しずつ動き出すが、そこに扉の内側から現れたハートレスたちが迫る。ドナルドは再び諦めかけたが、そこに王様が現れ、ハートレスを一瞬で消滅させる。リクと王様を扉の内側に残さなければならない為、扉を閉めるのを躊躇するソラだったが、王様は「光への扉がどこかにある」と言い、リクにカイリのことを頼まれたソラは扉を閉め、王様と協力して扉を封印する。リクと王様を探すためにカイリと離れることになったソラは「俺はいつでも側に居るよ。これからもずっと!」とカイリに言い、カイリはデスティニーアイランドに戻った。そして、3人は新たな冒険に出発する。

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ 編集

闇の世界に残してしまった王様とリクを探すためソラは果てしない道を歩いていた。するとそこへプルートが現れた。彼の口には王様の手紙が銜えられていた。走るプルートを必死になって追いかけるソラ達。

夜になり、ジミニーとカイリの事を話して寝入った後、黒いコートを着た謎の男が現れる。その男はソラに謎めいた言葉を残し、姿を消した。

男が示した道を進むと「忘却の城」という不思議な場所に辿り着く。城の中を調べる事にしたソラ達の前に、黒いコートの男が再び現れた。ドナルドが魔法で蹴散らそうとするが魔法が出せない。男はここは何かを手に入れる代わりに何かを失う城であり、この城に入った時からソラ達は技も魔法も全て忘れてしまっていると説明した。さらに男はソラの記憶から作り出した一枚のカードを渡し、その場を去る。これを使えば扉の奥に新しい世界が広がるらしい。言われたとおりにソラ達は扉にカードをかざし、奥へと進む。

扉の奥には過去に訪れたことのある別の世界が広がっていた。そこへ黒いコートの男が現れて、ソラに意味深な言葉を残し、姿を消した。男の言葉に戸惑いながらもその世界を探索しているうちに、ソラはかつて出会ったその世界(トラヴァースタウン)の住人と出会う。だが彼らはソラの事をまったく知らぬという。だがソラとあった記憶がなくても、彼らもまたソラ達に懐かしさを感じていた。街に現れたハートレス、ガードアーマーを倒し、その世界を後にしようとした時、その世界の住人が忠告する。この世界の事、そして世界の住人である自分達が幻影である事を……。

城のホールに出たソラ達の前に黒いコートの男が現れ、すぐ後にもう一人の黒いコートの男が現れる。最初に現れた男がもう一人の男・アクセルにカードを渡した後、男は姿を消し、アクセルがソラ達の実力を試すために戦いを挑む。アクセルを一度倒し、ソラ達は数枚のカードを手に入れた。アクセルはソラに心にしまわれたまま思い出せない記憶を教えてやってもいいと言うが、ソラは自分で探すと答える。その様子を見たアクセルは謎の警告をのこし、姿を消した。

城の中を進むうちにソラたちは今までの記憶を少しずつ失っていった。大切な記憶を失っていく不安に駆られながらもソラ達は先へと進む。

記憶を失う代わりに新たな記憶が生まれ、それと同時にカイリの「約束のお守り」も変化してしまい、ソラは困惑する。それはナミネというどこかカイリを思わせる少女のことだった。城の中を進む中、謎の男・マールーシャの仲間であるラクシーヌと遭遇し、ナミネがこの城に幽閉されていると知り、ソラはナミネを救うと決意する。

進むたびにソラはナミネのことしか考えられなくなり、それと同時にカイリや大切な仲間達のことを忘れていった。マールーシャの仲間のヴィクセンやリク=レプリカと遭遇し、ナミネやこの城のことを不審に思うドナルド達の忠告に聞く耳も持たずにソラは単身で城の中を進む。

最後に残ったカードをかざした、ソラはこの世界を探索し、そこでついにナミネに出会うことができた。ナミネはソラにカイリのことを思い出させ、ナミネによって倒れたリク=レプリカと後に現れたラクシーヌによってソラはこの城とナミネの真実を知る。ナミネのせいで自分の記憶が消えたにも関わらず、ソラはナミネを許し、後から来たドナルド、グーフィーと共にラクシーヌを倒して改めて真実を知り、ソラは城の主であるマールーシャを倒すと誓う。

最上階でついにマールーシャを倒し、ソラたちはナミネに全てを思い出したらお礼を言うと約束し、記憶の再生のためポッドの中で眠りに着いた。

キングダム ハーツII 編集

謎の機械の中で目覚めたソラ。自分がなぜここにいるのか思い出せずにいた。機械が設置された屋敷を出てトワイライトタウンを散策し、その中でハイネ、ピンツ、オレットと出会い、駅前で謎の敵に襲われた所を王様に救われた。

王様に会ったソラは、いわれるがまま再び冒険へと旅立つ。その際にハイネ達に見送られた時、ソラの目から一筋の涙が零れ、切なさが残る中、ソラ達は不思議な世界へと降り立った。そこで昔ディズニーキャッスルで悪行を働いて投獄されたピートと対面する。ハートレスを差し向けられたが難なく倒し、そのまま不思議な塔に入る。そこで王様の師匠であるイェン・シッドからノーバディとXIII機関のことを聞き、新たな力を得て再びグミシップに乗りいろいろな世界を回り始める。

最初に訪れたホロウバスティオンでレオン達と再会し、街の再建のためにハートレス退治を協力する事になるが、そこに突如としてXIII機関のメンバー6人が現れた。彼らはソラ達に意味深な言葉を残してその場から消える。その時、新たな世界へのゲートが開き、レオンに見送られて導かれた世界へと旅立った。

様々な世界でビーストやアラジンなどの過去に共に戦った仲間やムーランやスパロウなどの新たな仲間と出会い、協力して敵を次々と倒していくソラ。その途中に再び訪れたトワイライトタウンでXIII機関の一人、サイクスと遭遇する。サイクスは離反を起こした機関の一員であるアクセルの事を告げ、ハートレスを倒し続けるよう言った後、リクの事を踏まえた警告を残して闇の中へと姿を消した。その後でピンツ達と再会し、ここにカイリが来た事、そしてカイリがアクセルにさらわれた事を知る。そして新たなゲートが開き、王様とリク、そしてカイリを探す事を決意する。

そしてホロウバスティオンに戻り、レオンたちからアンセムのコンピューターを発見し、王様もそこにいると聞き、アンセムの城へと向かう。ソラ達がコンピューターを乱暴にいじったせいでプログラムの世界に転送され、ハートレスによって監禁されてしまう、そこでセキュリティープログラムのトロンと出会う。トロンからデータを引き出すためのパスワードを探すよう頼まれたソラ達は現実世界へ戻り、パスワードを見つけた後、王様と再会して再びトロンの世界へ戻った。メインコンピューター・MCPの放った悪性プログラムを倒したソラ達は新しいパスワードをトロンから教わった後現実世界に戻り、データを調べた。ほとんどのデータが壊れていたが、調べ上げたアンセムのデータと王様の発言から自分が倒したアンセムは実は本物の賢者アンセムの弟子、ゼアノートのハートレスであること、そして同時に生まれたノーバディがXIII機関のリーダーであることを知る。リクとカイリの事も王様に聞いたがリクの事については知らないと答えるだけだった。カイリがさらわれた事を知った王様は共にリクとカイリを助け出そうと言った。

その途端、城外で轟音が鳴り響き、ソラ達は外へと向かった。そこでは城壁を破壊した大量のハートレスにレオンたちが応戦していた。共に戦うためにソラ達は敵に立ち向かい、現れた機関の一人、デミックスを倒して先へと進む。そしてXIII機関のリーダー・ゼムナスが現れ、ソラはリクとカイリの事を聞き出そうとするがその場から姿を消し、王様も後を追って消えた。その直後にアクセルが現れてXIII機関の真の目的を告げる。ソラはカイリの事を聞き、アクセルはカイリの事を謝るがその途端にサイクスが現れたため姿を消した。サイクスはソラにハートレスを差し向けて倒すように言い残して姿を消した。機関の目的を知ったソラ達は倒す事を躊躇して危機に陥るが、マレフィセントによって難を逃れる。その中で謎の男が現れてシーソルトアイスとハイネ達と謎の少年・ロクサスが写った写真を残して消えていった。シーソルトアイスが光り出してゲートが開き、ソラ達はホロウバスティオンを後にする。迷いを抱えながらも世界を救うため、リクとカイリを助け出すためにソラ達は新たな世界へと旅立つ。

それぞれの世界の仲間達と協力してXIII機関とハートレスを倒していき、ソラ達は僅かな手がかりを頼りに再度トワイライトタウンへと降り立った。幽霊屋敷へ向かったソラ達はノーバディに襲われたハイネ達を目撃する。彼らはこの屋敷に「もう一つのトワイライトタウン」に繋がる道があり、そこにカイリがいると推測してここに来たと言う。突然現れたノーバディに襲われたがそこへ王様も現れて共に撃退し、彼から本物の賢者アンセムとリクの手がかりもここにある事を聞いた。屋敷内を散策し、ついに異世界へと繋がる道を見つけ出す。ピンツの助力とレイディアントガーデン(ホロウバスティオン)で渡されたヒントのおかげで道が開き、ソラ達は機関の本拠地への道を見つけた。

道を進む中、機関が差し向けたノーバディに囲まれ、追い込まれるがそこにアクセルが現れ、ソラ達と共に戦う。アクセルは己の全存在をかけた技を繰り出しノーバディを全滅させた。消え行くアクセルはソラにカイリの事を改めて謝り、協力した理由を尋ねるソラに「ロクサスに会いたかった」と言い、最後の力を振り絞って機関の世界へ通じる道を開いて消滅した。ソラ達はついにXIII機関の本拠地、存在しなかった世界に辿り着いた。

「キングダムハーツ」がそびえる機関の城への道中、突然ソラのノーバディ・ロクサスが現れて一対一の戦いを挑んだ。一度は苦戦するが、勝利し、ロクサスは何かを納得して姿を消した(後述)。その姿はソラにしか見えていなかった。ソラ達は再び機関の本拠地、存在しなかった城へと向かった。

カイリとナミネが出会い放たれた不思議な光とキーブレードによって城へと辿り着いたソラ達は機関のNo.2シグバールを倒してついにカイリ、そしてリクと再会できた。ソラは最初、ゼアノートの姿となったリクの正体に気付かなかったが、カイリのおかげでリクの正体に気付く事ができた。リクは自分の今の姿を嘆くがソラは素直にリクとカイリとの再会を喜んだ。

仲間と共に城を散策し、機関員のルクソード、サイクスを倒したが、ソラは彼らに「ロクサス」と呼ばれた事に戸惑う。リクによってロクサスが自分のノーバディである事を知り、彼に会いたくなったが、リクはロクサスはソラの中にいると示し、皆は先へと進んだ。

進んだ先でソラ達は王様と本物の賢者アンセム、そしてXIII機関最後の一人、ゼムナスと遭遇する。キングダムハーツをデータ化する装置が暴走する中、アンセムは心の強さをゼムナスに対して議論した末に爆発する装置と運命を共にした。その衝撃でキングダムハーツの大半が消失し、リクも元の姿に戻った。

破壊されたキングダムハーツから降り注ぐ心から大量のハートレスが出現し、城へと迫る。全てを終わらせるためにソラは王様、リク、カイリ、ドナルド、グーフィー、そしてマレフィセントとピートの協力を得て、ゼムナスとの決戦に挑む。一度は倒したかのように思えたが、ロクサスと同化した後(後述)、カイリ達と共に闇の回廊を通って元の世界に帰ろうとした際に、ゼムナスの復活によって世界全体が揺れ、回廊が閉じてリクと共に取り残されてしまう。

ゼムナスと再戦し、今度こそ打ち勝ったソラ達だったが、当ても無く彷徨ううちに闇の世界に迷い込んでしまう。一度は元の世界へ戻る事を諦めかけていたが、カイリの手紙をソラが見つけて読んだ時、それに導かれるように光の扉が現れ、ソラとリクは自分の故郷に戻り、カイリ達と再会を果たした。そして、「光への扉」の意味を何となく理解したソラ、リクのもとに、カイリがあわてた様子で走ってきた。カイリが持っていた小瓶の中に入っていたのは、王様からの手紙だった・・・・・。

キングダム ハーツ 358/2 Days 編集

ストーリーが『COM』でソラが忘却の城での戦い、そして眠りについている間の話である為、基本的にはストーリーに関わらない。しかし主人公のロクサスが訪れる世界で度々ソラの幻影が脳裏に浮かぶ。 ストーリー中の忘却の城のメンバーが消滅時期=ソラが眠りについた日から日数を数えると約339日程眠っていたことが判明する。

条件を満たせばミッションモードで『KH』の頃のソラが使用可能になる。

キングダム ハーツ コーデッド 編集

『KH2』の戦いの後のストーリーであるため、ソラ本人はリクとカイリと共にデスティニーアイランドに帰郷している。この物語に登場するソラは一作目、つまり『KH』の時期のジミニーメモのデータを基に構成された架空の世界の住人である。(本作でデータに作られたソラ(コピー)のこと。)

王様達と出会う前の事実上の「過去の世界の存在」であるため、王様やドナルド達の事も覚えておらず、この世界の彼らに会うのはもう少し先の事になる。本人に自覚は無いが、王様の提案でジミニーメモに残された謎を解明できるようにデータを書き換えられているため、メモに記録されている様々な世界を冒険でき、メモの中のトラブルに直接対応できるようになっている。

『KH』の時期が舞台とはいえ物語の始まりはそれとは異なる。現実世界の王様の導きで「目覚めの園」で目覚めたソラは、謎の黒いコートの男と対面した後、試練を乗り越えて力を身に着けてデスティニーアイランドに戻り、以後は王様のアドバイスでメモの世界で発生したトラブルを解決していき、謎を解明していく。

メモの解明を進めていくうちに、メモには書かれなかったはずの過去の出来事や、誰も知らない新たな真実が発覚するなど、予想外の出来事が相次いで発生していき、そしてそれは現実世界にも影響を及ぼしていった。ソラはその中で自分と同じくジミニーメモのデータ世界の修復のために選ばれたリクと彼によって現実世界から転送された王様達と対面したが、直後にマレフィセント達のハッキングにより王様達が現実世界に戻る事が出来なくなってしまったため、王様達を元の世界に帰すという新たな目的も増え、彼らとリクと直接的に協力して改めてジミニーメモのデータ世界の冒険を始めた。 

本作のシークレットムービーにてイエンシッドからリクともマスター承認試験が受けさせられる事が決まった。

キングダム ハーツ バース バイ スリープ 編集

『KH』よりも以前の話のため、子供の頃のソラが登場。生後間もない頃に、偶然ゼアノートによって闇(ヴァニタス)を抜き取られ、心を失いかけたヴェントゥスと精神世界で出会う。ソラの心自身も「生まれたばかりの心」の状態であったため、互いの心の欠けた部分を補う形で一時的に同化し、ヴェントゥスの心を救った。

ヴェントゥスの闇の部分であるヴァニタスの素顔が『KH2』時のソラと瓜二つ(髪と瞳の色は違う)だったのは、同化したソラの心がヴェントゥスの心を通じて影響を及ぼし、それによりソラに酷似した顔立ちに変化したためである。

幼い頃のソラは同じく子供のリクとデスティニーアイランドで共に過ごしていて、テラとアクアと出会うことになる。アクアからは自身の継承者としての資質を見出されていたが、テラがリクを継承者にしたことで、自身とテラのようになって欲しくないという思いから、継承させずリクを守れる人間になるよう諭される。 また、遠くで繰り広げられたゼアノートとアクアの激戦の後、無意識に悲しみの感情を抱いたソラは、心の中でヴェントゥスに会い、彼の心と同化した。

シークレットエンディングでは、ソラが『KH2』のエンディングで、王様から受け取った手紙を読み、世界にまだ居る悲しんでいる人々を救うため、そして自分に繋がるもの全てを取り戻すために再び旅へ出る決意をする。

能力 編集

選ばれし者だけが扱える伝説の武器「キーブレード」を操り、多彩な剣術を駆使する。またキーブレードの力によって、ファイアやケアルなどのファイナルファンタジーの魔法を使いこなすこともできる。 ソラとロクサスはキーブレードを二本使える。
通常、キーブレードは一人の心につき一本しか使えないはずなのだが、以下のような特別なケースも存在する。
ロクサスの場合、『358/2Days』の終盤でシオンが消滅するときにロクサスから吸収したソラの記憶と一緒にキーブレードの能力もロクサスに移ったと考えられていたが、実際はロクサスが「ソラ」と「ヴェントゥス」のノーバディだった為2本使用できたというのが真実。
ソラの場合、上記のロクサスの能力が元々ソラの能力でもあるため、ヴェントゥスの心と一緒に元の一人へと還元し、キーブレードを二本使用できるようになった(例:ブレイヴ、マスター、ファイナルフォーム、リクなどの他のキーブレード使いから借りるなど)。 ヴェントゥスの影響なのか、ウィズダムフォーム時のソラはキーブレードを逆手で持ち、後ろでくるくる回すといった仕草をする。常にキーブレードを2本操れない理由として挙げられるのは、シグバールの言うようにソラがキーブレード使いとしてまだ未熟であるからだと考えられている。事実、二刀流はフォームチェンジの間のみ可能であり、仲間の力を借りることで足りない実力を補っているのではないかと推測できる。しかし、終盤でロクサスと完全に同化した後は、フォームチェンジなしでリクのキーブレードを使い、華麗な二刀流を披露した。キーブレードは本来マスタークラスの実力を持つ使い手のキーブレードに触れることが出来た者のみが、その力が継承され使用できるものであり、作中に登場したキーブレードの使い手はその方法で使用できるようになったのだが、実はソラだけは例外であることが明かされている。

ドライヴ 編集

『KH2』からはイェン・シッドの部下の妖精達によって与えられた自身の服の力によって、ドライヴという能力が使えるようになり、仲間の力を借りて限られた時間のみ服装の色を変えると共に攻撃能力を変化させることができる。各フォームについての詳細はドライヴを参照。

スタンダードフォーム(Standard Form)
通常の状態。色は黒。
ブレイヴフォーム(Brave Form)
グーフィーの力を借り、キーブレードによる攻撃を強化したフォーム。色は赤。
ウィズダムフォーム(Wisdom Form)
ドナルドの力を借り、魔法を強化したフォーム。色は青。
マスターフォーム(Master Form)
仲間二人の力を借り、キーブレードによる攻撃、魔法の両方を強化したフォーム。色は黄色。
ファイナルフォーム(Final Form)
仲間二人の力を借り、キーブレードの真の力を開放した、マスターフォームよりもさらに強力な究極のフォーム。色は銀。
アンチフォーム(AntiForm)
闇の力にとらわれた、ハートレスのようなフォーム。色は黒。小説版にも登場。
リミットフォーム(Limit Form)(KH2FM)
『KH』で好評だったアビリティが装備されるフォーム。仲間の力を借りなくても単体で変身可能。色は前作の服装に近い赤と白のミッキー・マウスをベースにしたもの。

変身 編集

ソラたちは様々な世界を訪れるが、それぞれの世界の秩序を乱してはならないというルールに従い、世界によって姿を変えることがある。

アトランティカ(『リトル・マーメイド』より)
海の中の生物が住む海底世界だけあって、イルカをモチーフとした人魚に変身する。ドナルドはタコ、グーフィーはカメ。
ハロウィンタウン(『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』より)
一年中ハロウィンの町に合わせ、ハロウィンの仮装のような姿になる。デザインは子悪魔と吸血鬼を合わせたもの。ドナルドはミイラと透明、グーフィーはフランケンシュタインと狼男を合わせている。
タイムレス・リバー(『蒸気船ウィリー』より)
全てがモノクロの過去の世界では、ソラ達もモノクロになり、顔も昔のアニメ風に。登場はKH2だが、服のデザインはKH1のものとなる。ドナルドとグーフィーはディズニーの初登場のデザインになる。
プライド・ランド(『ライオン・キング』より)
動物だけが住み、人間の登場しない世界のため、黒い子ライオンに変身。四足歩行なのでキーブレードは口にくわえて使用する。ドナルドは鳥、グーフィーは陸ガメ。
スペース・パラノイド(『トロン (映画)』より)
コンピュータの中の電脳世界であり、そこで活動するプログラムのように、体中に電流のラインが走ったようなコスチュームになる。
クリスマスタウン(『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』より)(KH2FM)
ハロウィンタウンに直結しており移動時にハロウィンタウンの姿からサンタクロースの服装を黒くしたような姿に。ドナルドは雪ダルマ。グーフィーはサンタの衣装を着たトナカイ。

ギャラリー 編集

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki