FANDOM


「キングダム ハーツ」はスクウェア(現:スクェア・エニックス)により開発・発売されたPlayStation2用のアクションRPGゲーム。

スクウェアとウォルト・ディズニー社との提携により、作中にはディズニーキャラクターとファイナルファンタジーシリーズのキャラクターが登場する。

概要編集

  • 記念すべきキングダムハーツシリーズの第1作。
  • ディズニーの世界が「ワールド」という形で登場する。各ワールドはディズニーの作品の舞台となっており、キャラクターも対応した作品の主人公やヒロインが登場する。
  • 隠しボスや難易度などの追加要素を加えた、ファイナルミックス版(FM)が発売された。FMでは条件を満たすことにより、エンディングに次回作に関連するPVを閲覧することができる。ただし、海外版をベースにしている為か、FMの音声は英語版となっている。
  • 2013年には「キングダム ハーツ HD 1.5 リミックス」としてPlayStation3用の作品としてHDリマスターされている。こちらはFMにさらに追加要素を加えただけでなく、音声も日本語でのプレイが可能となっている。

ストーリー編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

詳細は「キングダム ハーツ/物語」を参照

  • ソラリク、そしてカイリは島国に住む少年少女。幼い頃よりディズニーアイランドで遊んでいる幼馴染であった。
  • 3人はいつからか、外の世界に憧れを持つようになり、外の世界へと旅立つために用意をはじめる。
  • イカダが完成し、計画実行の前日に突如として謎の嵐とハートレスが島に襲いかかる。
  • 偶然にも、鍵の形をした剣「キーブレード」を入手したソラは親友を助けようと奮闘するが、ディズニーアイランドは崩壊してしまい、カイリとリクともはぐれてしまう。
  • ディズニーアイランドの崩壊に巻き込まれて意識を失ったソラは、「トラヴァースタウン」という見知らぬ外の世界で目を覚ます。
  • 一方で全てのワールドを治めるディズニーキャッスルでは王様が突如として姿を消してしまう。
  • 王様の家臣であるドナルドグーフィーに残された手紙には、「鍵を持つ者と共に行動せよ」と記されていた。
  • 世界を移動できるグミシップで「トラヴァースタウン」に辿り着いた、2人は鍵(キーブレード)を持つソラと出会う。一致団結した3人は王様とリク、カイリを探す旅に出る。

登場キャラクター編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

詳細は「キングダム ハーツ/登場キャラクター」を参照

オリジナルキャラクター編集

ソラ
キングダム ハーツの主人公で14歳の少年。陽気で気軽な性格をしており、多少の事では挫けない強さを持つ。正義感が強く、困っている人を見捨てる事ができない。キーブレードの勇者として様々なワールドを旅しながら、カイリとリクを探している。
リク
ソラの親友で15歳の少年。クールな性格をしており判断力に優れるが、仲間を想う気持ちは人一倍強い。本来の「キーブレードの勇者」であり、そのためにマレフィセントに狙われ、心を闇に染めてしまう。
カイリ
ソラの親友で14歳の少女。ディズニーアイランドの崩壊後は行方不明となっており、ソラとリクは彼女を探して幾多もの世界を旅することになる。その正体は光の世界を支える「セブンプリンセス」のひとり。

ディズニーのキャラクター編集

ドナルドダック
王様に使える王宮魔術師。行方不明になった王様の残した手紙の指示に従い、「鍵を持つ者」であるソラと旅をする。一部のイベントを除けば、いつでもソラのパーティーメンバーに選ぶ事ができる。
グーフィー
王様に使える王宮騎士隊長。行方不明になった王様の残した手紙の指示に従い、「鍵を持つ者」であるソラと旅をする。一部のイベントを除けば、いつでもソラのパーティーメンバーに選ぶ事ができる。